※随時更新中

ワークショップ


『北の国から』の倉本聰監修 地球の道

NPO法人C・C・C富良野塾(塾長 倉本聰)のプログラム「46億年・地球の道」の出張版。豊かな自然に触れながら、自然の大切さや地球環境について考えてみませんか?

 

水資源や森林破壊等の環境問題、地球の構造や地球と太陽の関係について学ぶ「石の地球」と地球46億年の歴史を460mの距離に置き換えた道を歩きながら、過去に起きた地球の壮大な物語を見ていく「46億年・地球の道」の2つの講座を開催します。

 

【昨年参加者の声】

≪アースデイ大崎≫今年もお天気にも恵まれ沢山の方々とお会いできました。 なんと今回、宮城県初!富良野自然塾がやってきました!富良野自然塾とは・地球環境と私たち人類の生き方を見つめなおす自然教育活動をされています(^^)

 

その中のひとつ【地球の道】46億年の地球の歴史を460mの距離に置き換えて、"地球"と"生物"の誕生と進化の物語をお話頂きました。一歩(1m)歩くごとに1000万年・参加者の皆さんが地球の歴史を、一歩一歩重みを感じながら歩き、やっと460mの現在のゴール地点に着いた時、『ようやく現在です。ここからわずか2cm前が人類の誕生。そして産業革 命以降、この便利な世の中になり地球環境が激変したのは、たったの0.02ミリ前。長い時間で築かれてきた地球環境が、人 類誕生後ほんのわずかな時間で大きく変わってしまったのです。』と説明下さいました。便利さ・快適さが生まれたのはとて も素晴らしい事だけれど、その代償がある事。【地球は子孫から借りているもの】小さい時言われましたね?人のものは大事に使いなさい。壊してしまったら直しなさい。との言葉に衝撃を受けました。

 

チンパンジーと人間の一番大きな違いは【想像力】だそうです。チンパンジーは2~3時間先しか想像することができない。しかし私たち人間は無限に想像することができる。この話を聞いて、未来を想像して何かのキッカケになれば幸いです。との結びの言葉でした。

 

まさしくアースデイの日にぴったりなお話でした!また機会があれば本当に沢山の方に聞いてほしいお 話です(^^)

富良野自然塾>

青空deリズム♪ハッピークリエイター鈴木志麻(フィジカルボイス)

「どこまでも続く青空の下で、太陽、風、草木花土を感じながらみんなで音に合わせて楽しくカラダを動かしてみませんか?」

 

自然の中でカラダを動かすという非日常的な体験はカラダを動かすことの楽しさだけではなく、外に出る気持ち良さ、みんなで遊ぶことの楽しさを感じてもらう特別な時間です。

皆さんの参加をお待ちしております。

縄紋文化研究会

主に宮城に住む“縄文大好き”な人が集い、土器製作や野焼といった実験考古学的活動を中心に縄文文化の謎を探求する研究会。土器の作成を行うと共に、縄文時代の素晴しさを解説する活動を通じて、縄文大好き人材も発掘中。アースデイみやぎ大崎では縄文土器ワークショップを実施します。

縄紋文化研究会>

TEAM DIO 現場廃材を利用したワークショップ

大崎市世界農業遺産推進課 化女沼の生きもの多様性について・化女沼の生きもの観察ワークショップ他

いぐねの里 三本木寺子屋 with KEY'S 2nd



イベントや当会へのご質問など、お気軽にお問い合わせください。