アースデイとは


 アースデイは「地球のことを考える日」として1970年にアメリカのサンフランシスコで始まり、これまでに170ヵ国で5億人以上が参加している世界最大級のお祭りです。

 

 アースデイみやぎ大崎は3年前からイベントを開催し、今年で4回目を迎えます。

 

 大崎市は豊かな地域資源に恵まれています。美しい自然、魅力的な食材、暮らしている人々、創り上げてきた文化。そのような魅力があるということを、地球の未来を担う おおさきの子ども達「おおさきっず」に伝えたい。そして、大人も一緒になって、これからの未来について考える場にしたい。みんなで考え、みんなで共有し合い、エコロジカルやローカル、オーガニックを”自分ごと”として捉え、新しい一歩を踏み出すきっかけをつくります。地域の良さを地域でつくり、大切な自然や平和な社会を未来に伝えていくために、一緒にアースデイみやぎ大崎に参加してみませんか?

 

 

 子ども達と一緒に、おおさきの未来を考える日にしましょう!

アースデイみやぎ大崎 2018 〜それぞれの熱き想い〜


今年で4回目になるアースデイみやぎ大崎2018、前回まで、NPO法人おおさきエネルギーカウンシル代表理事として、開催させていただきましたイベントですが、今年はNPO法人主催では無く、発起人とし、アースデイみやぎ大崎2018有志の会で行うことになりました。趣旨は前回同様、ローカルをテーマに、エコロジー、オーガニック、ナチュラルとし、昨年からの「おおさきっず」をさらに、深く進め、未来の大崎の子供達に何を語れるか、会員として行いたいと思います。6月3日のご参加みなさんの元気なお顔を拝見できることを、何よりの楽しみとしております。

発起人 加藤貴浩

ここで、おおさきで、生きていく。地球にも人にも、あたたかな心を持てるように。これから生きていく、そして生まれてくる″おおさきっず″にも、おおさきの「大好き」を伝えていけるように。アースデイを知る前と後で、ものの見方がガラッと変わります。私もその一人です。大自然の中に囲まれながら味わう手作り品の数々、魅力溢れるブース企画、音楽ステージなど多数あり、自分が自分らしくいられるイベントです。今年も楽しく企画しています。

あなたもぜひ、アースデイを味わってください。

発起人 足利文香

「自然の大切さを身をもって感じ、伝え、未来に残していきたい」

過去3回のアースデイに関わりながら、そんな気持ちがどんどん強くなっています。

アースデイのスピリットは縄文文化にも通じている気がします。会場となっている「古代の里」にも運命的な響きを感じます。

太古の昔から僕らを育んできた自然に感謝する1日。ぜひ一緒にアースデイをつくってみませんか。

発起人 門間裕治

新緑の青空の下、子供たちが土器づくりを楽しんでいる風景、そして水の上を勢いよく滑る時の歓声に風のような歌声と心地よい音楽。たくさんの地元のお店とボランティアの学生たちで会場が活気づく中、遠くは東京から駆けつけてくれた仲間たちが大いに「彩り」をそえてくれた前回。

皆さまのおかげで、ゼロからはじまったこのイベントが、古代の里の自然の中、回を重ねるごとに少しずつ成長を見せて来ました。心から感謝すると共に、今年はどんな出会いがあるのか私も今から楽しみにしている一人です。

発起人 菅原順一

自然の中でこどもたちが目を輝かせて目一杯遊ぶ!!大人になったときに、こどものころのエピソードの1ページになるような時間を作るお手伝いができたら、これ幸いです。

おおさきならではのアースデイをご来場の皆様も含め、みんなで作っていきましょう!!第4章のはじまりはじまり〜。

発起人 水野早貴


昨年のアースデイみやぎ大崎


これまでのアースデイみやぎ大崎


2017

2016

2015



イベントや当会へのご質問など、お気軽にお問い合わせください。